2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.07.16 (Wed)

桃太郎かっ !

子供の頃 よく父に 「 お前は川から流れてきたのを かわいそうだから拾ったんだ 」といわれた・・・

幼いながら 複雑な悲しい気持ちになったのを覚えている うるうる

同じような事を父は妹達にも言っていた

「 山から拾ってきた 」 「 橋の下で拾った 」などなど 思い出せばキリがない

しかも、父は同じ事を親や兄弟から言われて育ったそうだ

父と母は一つ違いなので、育った時代背景は同じだろうと推測する

昭和一桁の最後のほうの生まれ、戦争もあったし北海道自体が貧しく厳しい時代だったが
母から この様な言葉を一度も聞いたことがない

きっと 母は子供の頃にこう言われた事がなかったのだろうと思う

父はけして 酷い人ではない

むしろ 真面目で勤勉な人だ

11人兄弟の4番目に生まれ、幼い兄弟をおんぶして小学校に通ったと聞いた
小学校を卒業してからは家業の漁師を手伝いながら 賑やかな大家族と過ごしたそうだ
父の父 祖父は50代で亡くなり、経済的にも困ったらしい
学歴のない父は 独学で資格を次つぎと取り 公務員になり 私達を育ててくれた

しかし 言葉は人を励ましもするが、傷つけもする

たとえ、悪気がなくとも、言葉は意味を持ち独り歩きをする

今なら 「 ワタシは 桃太郎かっ!」 と突っ込み返せるが、幼い子供の頃は

叱られる度に 「 やっぱり あたしわ 本当の子じゃないんだ・・・・(TT) 」とよく泣いたものだ




息子が小学生の時に 言われてドキッとしたことがある  ガーン

「 どうせ ぼくわ バカだから・・・ 」 

ワタシは けなすつもりで言った訳ではなかったが、息子は確かに傷ついていた

大きくなってからたくさん息子に謝ったが 心の何処かにその傷は残っているだろう



先日、ある方の話を聞く機会があった

” ハイ は ハイ、いいえ は いいえ とだけ言いなさい ” というタイトルだった



話す前に考えてから 話さなければならない


 T H I N K   英語で考えるに当てはめてみる

今 言おうとしていることは
True ・・・ 真実ですか?

Help ・・・ 有益ですか? (相手の助けにならないのなら言うべきではない)

Inspiriing ・・・ その言葉は相手を奮起させますか?

Necessary ・・・ 言う必要がありますか? (何の為に?)

Kind ・・・ 言おうとする事柄は親切ですか?



また、 「へつらうことは 滅びを招きます 」とも言っておられた


     耳が痛かった・・・・

            心が痛かった・・・・・・

   父の言葉を ふと 思い出した・・・・

                         ワタシは 桃太郎じゃない  なんてね ^^






        ねんねこただ吉








                          優しい時間 







スポンサーサイト
EDIT  |  14:39  |  日記  |  TB(0)  |  CM(8)  |  Top↑

Comment

毎日暑いね~。

今日は次女の一学期の終わりの個人懇談でした。

次女の担任・・
すごく厳しくて言葉が荒い先生で困っててね~v-390

うちの次女だけじゃなく子供たちがすごく萎縮してる感じで
かわいそうなの。

先生の言葉にも子供って影響されるよね。

ひとつの言葉でほんとに子供の心が傷ついたり
励まされたりするんだな・・って改めて思ったよ。

「THINK」
わたしも覚えておくよ~~♪(^^)
ひのな |  2008.07.16(水) 18:31 |  URL |  【コメント編集】

♪管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2008.07.16(水) 19:20 |   |  【コメント編集】

家の夫も「お前は橋の下で拾ってきた」って父親に言われたらしいです
昔はそう言うのが流行ってたのかな?
幸い義父は子供を溺愛していましたし(未だに)←ここ大問題です( ̄Д ̄;)
それが冗談だと言うのは
幼い夫にも理解出来たようですが・・・

言葉って発してしまったらもう引っ込める事が出来ませんよね
でもそれが本心で無いのなら心から謝ればそれは通じると思います

「THINK」のひとつひとつの意味
大事ですね
子供を育てる中で子供から教わる事ってたくさんありました
子育てって言うより自分育てでしたね

トゲトゲした日常をれおめいに癒してもらっている私です(=´∇`=)
夫と娘にもですが・・・^^









nyamia |  2008.07.16(水) 19:48 |  URL |  【コメント編集】

まりP&ただ吉さま
「ハイ・・・イイエ・・・」の原則はよく聞くことがありますが、複雑ですね。
でも、それは簡単なことであり、当たり前のことでもありますね。
キライはキライ、好きは好き・・・
日本人には奥ゆかしく「本音と建て前」という美しい手段もあり、
両方使いこなす判断が問われることになりますね。
美辞麗句ではなくて、礼儀上のOccasionがありますからね。
言い切れないことも多々ありますね。
私的にはハッキリしすぎての誤解を招くことがありますが、
お父さんのように悪気もなく腹黒さもありません・・
・_・)ぷっってところで〆ておきましょうかぁ。

タダチャン、そんなの猫生にカンケイない・・・って?(-_-)zzz
アタイにもないな~ヽ(^○^)のふぁ~~ぁ!




Roco |  2008.07.16(水) 20:17 |  URL |  【コメント編集】

♪コメントありがとう (=^ェ^=)v にゃ~

ひのなさま

そちらは 台風が来てたでしょう? 大丈夫でしたか??
そのせいで 暑かったのかな~
札幌は 涼しいんだよ   怖いくらい v-12
今日は 風がびゅ~びゅ~いってるよ
窓を開けてると寒いくらいです・・・  ただ吉は お膝の上から降りてくれません (TT)

言葉の暴力って言うでしょう?
幼い子には 大人みたいに割り切れたりしないから、ストレートにガツンとくるよね
先生がそんな事も気付かないなんて 大問題よ
父兄で 話をしたほうが良いよ
子供の大切な未来を潰されないように v-355

なんか 偉そうに聞こえたらごめんね 
ワタシも 先生や大人の言葉に傷ついた事がイッパイあるし、逆に慰められたり励まされたりも・・・

ひのちゃま がんばってね ^^

娘を守るのだ~~~v-218

まりP&ただ吉 |  2008.07.17(木) 13:53 |  URL |  【コメント編集】

カギコメさま

子育てをしてると、気付かされることイッパイあるよね~
気付いて、改めるが大事!
ほんとに そのとおりですね
貴女は 素敵な女性です^^
お子さんも 真っ直ぐ育ちますよ v-398


まりP&ただ吉 |  2008.07.17(木) 14:00 |  URL |  【コメント編集】

nyamiaさま

流行ってたのかな~??

でも、思ったんだよ・・・子供ながらに どうして傷付けるのかなって
もっと 子供の気持ちを考えて欲しいなって
条件付で愛を与えられてるような  お利巧にしてないと、拾われた子だからまた、捨てるよ と聞こえたんだよね
父にそんなつもりは無かっただろうけど、なんか悲しかったの

顔色を見ちゃうよね 嫌な子供になりそうでしたよ~ v-12

ワタシの子育ては 思い返せば失敗だらけで、息子には悲しい思いをたくさんさせてしまいました 
自分育て・・・ほんとうに ぴったりの言葉ですね ^^

息子にして上げれなかった事や愛情を 今 一身にただ吉は浴びてヌクヌクしています e-465
ワタシも ただ吉も癒しあってます~~~~e-266

あ 夫と息子にも っぷ v-415

ただ吉の体を心配くださってありがとうですにゃん (=^ェ^)
びょういんが怖いから おうちにいたいんですがにぇ~
そろそろ チックン の時期らしいですにゃ ::
でも、ぼく 元気ですにゃ                       by ただ吉



まりP&ただ吉 |  2008.07.17(木) 14:24 |  URL |  【コメント編集】

Rocoさま

「本音と建前」 「立場」 で言葉が変わるのは、大人の知恵 (悪)ですね~
本当のことだから 言ってもいいかというと、それも違うし
言わないことが 愛だったりするんですよね

ワタシも口から出た言葉を何度も消し去りたいと思った 恥ずかしい経験がたくさんあります v-388
言った事さえ忘れている事も・・・;;  ボケたか・・・

でもね どんな事を言おうとも、その人柄とそこに愛があれば 相手を傷つける事は無いのじゃないかしら・・・と思います

やっぱ  だな~~~~

こんな話 ミ~ナに欠伸されちゃうかな~~~e-465

まりP&ただ吉 |  2008.07.17(木) 14:37 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。